年齢的にも痩せにくい体になってきて、お腹周りやお尻の脂肪が気になるようになってきました。

そこで、ダイエットに挑戦しようと思い始めたのが、便秘に効くお茶を飲みつつの、低炭水化物ダイエットというものです。


長年悩まされた便秘のせいで、腸内環境が悪いことも痩せにくい原因ではないかと考え、便秘薬よりは便秘 お茶が身体にもよさそうな気がして飲み始めました。
お茶のおかげで、最近はスムーズなお通じがあり、身体の中もスッキリしている気がします。

あと、炭水化物は太りやすいと言いますし、完全にカットした糖質制限ダイエットや炭水化物抜きダイエットはリバウンドを起こしやすいらしいので、それよりも緩い低炭水化物ダイエットでやってみることにしました。

炭水化物は体の中で糖に変化するので、脂肪が付きやすいのです。

それを減らすと基礎代謝が上がって痩せやすい体を作る事ができるそうなのです。

1回の食事でご飯だとおにぎり1個分、パンだと6枚切り1枚分程度は大丈夫なので、続けやすいかなと思ったのです。

各食事ごとに細かいルールがあるのですが、私はあまり気にしていなくて自己流でやっています。

極端にお菓子をたくさん食べたり油物やお肉ばっかりなどという、偏った食生活でなければ大丈夫だろうと、自分のやりやすいように変えてトライしています。

ダイエットは続けなくては意味がないですし、ルールを意識するあまりストレスが溜まって挫折してしまうのが一番良くないからです。

気楽に頑張るというスタンスで取り組むのがいいんじゃないかなと思っています。

それでも、自己流低炭水化物ダイエットで、最初の1ヶ月くらいで2キロくらい落とす事ができています。

あくまでも健康的に痩せたいので、栄養が偏ることなく無理せずにこれからも続けていくつもりです。

離れて知った緑茶の素晴らしさ

私は今でこそ、大のお茶好きで一日に三回はお茶を飲みます。

お茶にもいろいろありますが、特に渋みと独特の味わいのある緑茶が好きです。

朝起きて緑茶を飲まないと、一日が始まったという気がしないので、忙しくてもまずは一杯いただきます。

さらに夕食の時も、今日も一日お疲れさまの意味も込めて、自分にご褒美という感じでまた緑茶を飲みます。 

今はこれが当たり前の習慣になっていますが、昔は違いました。

家でいつもお茶は飲んでいたのですが、特に好きだと思ったことはありませんでした。

20代の時に思い立って、数か月海外に行っていたことがありました。

その時も、別にお茶を飲めなくても平気だろうと思っていました。

それでお茶の葉っぱもティーバッグも持たずに出発しました。

それで、最初の頃はまだよかったんです。

他の飲み物ならいくらでもありますから、炭酸飲料でもコーヒーでも紅茶でも好きに飲んでいました。

でもだんだん無性に物足りなくなってきまして、それが緑茶を長いこと飲んでいないせいだと気づいたんです。 

それで緑茶が飲めるところに行こうと思い、日本料理店に行きました。

そして懐かしいお茶を飲んだら、なんとおいしいこと。

こんなにおいしかったんだと感動してしまったんです。

それから緑茶のティーバッグを実家から送ってもらい、とりあえずしのぎました。

その時に気づいたことで、いかに緑茶が自分にマッチしていたかわかりました。

帰国してからは、緑茶がたくさん飲める環境に感謝しつつ、毎日欠かさずいただいています。

これからどんなおいしい飲み物を知ったとしても、私にとって緑茶に勝る飲み物は出現しないでしょう。

様々なお茶の飲み方

私は遠足などのためにお茶を持参する時に、お茶を作るためのティーバックを持参するようになりました。

お茶のティーバックが出回る前は、お茶を水筒に入れて、遠足などをしていました。お茶のティーバックのメリットとして、わざわざ温めないで飲む事ができる所です。熱いお茶を飲む際には、熱湯にお茶のティーバックを入れて温かいお茶を堪能できます。

これまでの市販されているお茶の葉っぱは、冷水につけてもあまりお茶の味がしない仕様になっていたが、お茶の葉っぱの改良によって、冷水につけたら冷たいお茶ができることで品質改良にも力を入れている事が良い事と感じました。

山などの遠足などに行く時は、飲み水さえ確保できれば空のボトルを持参して、お茶のティーバックを入れて、水を入れてしばらく待つだけで冷たいお茶が完成するので、普通の水よりもお茶が良いと感じている人は遠足などの外出の時にお茶のティーバックを持参するのが良いと思います。

また、夏場に野球などのスポーツの練習場で大量に汗をかいたときには、多くの水分が必要なるが、どうしてもお茶が欲しい人のためにティーバックは使いまわしも可能であるので、数回は同じティーバックとして使用できる事もメリットです。

私がティーバックでお茶を家の中で作るときは、衛生のためにできるだけ1日で飲み終わるようにお茶を作る量を調整しながらお茶を作っています。品質に関しては一般のお茶より落ちるので、できるだけ衛生面に気をつけてお茶を作っています。

Movable Type 4 へようこそ!

| コメント(1)

このブログ記事は、Movable Type 4のインストール完了時に、システムによって自動的に作成されたブログ記事です。 新しくなったMT4の管理画面で、早速ブログを更新してみましょう。

最近のコメント

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。